2017年6月18日日曜日

どうしても許せないことがあったら。「それでいいのだ」「だって人間だもの」は最強の自己受容



怒りを鎮静化する瞑想を実践すれば、大抵のことには寛容になれますし、衝動や怒りに対しての耐性も強化されますが、やはりこればっかりは許せないということもあると思います。

「どうせ自分には無理だ」となってしまわないように、少しだけ考え方をずらしてみるのもおススメですよ。

バカボンのパパと相田みつをは最強の自己受容
真面目な人ほど思い悩みやすいものです。とくに怒りという感情は厄介なもので、理不尽なことや人を顧みない悪質な行為にはとくに怒りや衝動が湧き、抱え込みやすく許せない、許すことが出来ない自分が許せないというループに陥ることがあると思います。

そんな真面目な方に特に覚えてほしいこと、それは「それでいいのだ」「だって人間だもの」です。バカボンのパパと相田みつをは最強の自己受容を知っています。


イライラすることはやっぱりなくならない
ちょっと私事ですが、私自身が許せないのは、運転マナーの悪い人で後ろにベタ付けしてくるドライバーに特に腹が立ちます。「事故ったらどうするんだ、何を考えてるんだ、あっ、そもそも何も考えていないのか」という思考になってしまいます。

「どうか安全性能強化より、危険運転する後ろの車に鳴らすクラクション付けてください」同感してくれる方もいるのでは?それはさておき、忘れようとしてもやっぱりイライラして、忘れかけたころにまたぶり返し、自分はだめだと思ってしまいます。


許すことが出来ない自分を責めても時間の無駄
他人に対しての怒りの鎮め方では、その人について考えることが前提にありますが、考えると、許すどころか、ますます怒りがぶり返すことはあると思います。そんなときは、どうせ考えるなら架空の誰かに自分の怒りを預けてしまいましょう。

そもそも、その人を許そうが許すまいが、自分の中の葛藤で、相手は何も感じていないのです。許すことが出来ないから悩むということほど無駄な時間はありませんよね。

またその逆もしかり、「絶対許さない、ふざけるな」と思っていても、その人が許してくれと謝りに来るわけでもないし、不幸に見舞われるか知る由もありません。

きっと、悪意を向けてきたその相手は、あなたを狙ったわけではなく誰でもいいわけで、そこにたまたま出くわしただけです。だから、その相手に腹を立てているのは、あなただけではなく、他にもたくさんいるわけです。

ですから、腹を立てるのは別の誰かに任せて、あなたは怒りを手放し、楽しい気分でいるために集中すべきことに集中しましょう。少し無責任に感じるかもしれませんが、それくらいでちょうどいいのです。「それでいいのだ」「だって人間だもの」です。

0 件のコメント:

コメントを投稿