2017年6月26日月曜日

引き寄せの法則 イメージングにはデメリットもある


お金や理想のパートナー、理想の家、仕事など、思い通りに引き寄せたいならイメージングという方法はとても効果があります。ですが、多くの方がイメージングを実践してもうまくいかず、諦めてしまいます。それどころか、現状をさらに悪化させてしまうという方も少なくありません。イメージの力は絶大ですが、イメージングによるデメリットも理解しなければ、効果はありませんし、余計に苦しみを生む結果になってしまいます。

思考は現実化する

引き寄せの法則とは、感情を伴った思考が現実に引き寄せられるということです。感情は振動するエネルギーとして、常にあなたから放たれています。その振動するエネルギーが共鳴を起こして、あなたの放った感情と同調する現実を引き寄せています。

「類は友を呼ぶ」とは、まさにこのことで、豊かさを引き寄せようと思うのなら、どんな状況であれ豊かさを感じることが大切だということになります。ですが、感情に反応するということはマイナスな感情も同じように現実になるということです。

思い込みを持ったままイメージングする

叶えたいものをノートに書いたり、言葉にして唱えたりといった方法をまっすぐに、何の疑いもなく信じてできるならば問題ないのですが、ほとんどの方はそう簡単には信じることは出来ません。実践してみても思い込みが強力なためなかなかうまくいかない現実のままになってしまいます。

思い込みは人それぞれですが、たいていの場合「お金は働かなければもらえない、何もしなくてもこんなにもらうのはあり得ない、何でも手に入れて幸せになるのは一握りの人だけ、」などこのような思い込みを持ったまま淡い期待でイメージングをおこなったらどうでしょう。

「このくらいの額ならもらってもいいかな、そこまでイケメンじゃなくてもこれくらいなら私とちょうどつりあうかな、」こんな風に大きくはないけど、これくらいなら引き寄せられるかもと、考えてしまうのではありませんか。このような思い込みを持ったまま、マイナスな感情や疑いを持ったままでは引き寄せを起こすどころか悪化してしまう可能性もあります。


言い訳するための理由を無意識に考えている

淡い期待を寄せた願いは、テスト結果を見る前に言い訳して悪い点数にやっぱり駄目だったと落胆するようなものです。いいかえれば、「落胆するために期待している」ということです。その落胆の度合いを少しでも軽減するために大きな願望を持てないという思考になっています。

さらに落胆するたびに期待は小さくなり、そのうちいいことなんて起こるはずがないという思考にまで落ちてしまいます。このような悪循環から抜け出すためには、まず、心のブロック、思い込みを書き換える必要があります。


まとめ~イメージングには心のブロックをはず必要がある~

引き寄せの法則や成功哲学に興味を持ち、実践法を知って、あたまで理解が出来たとしても、幼いころから教えられてきた常識や思い込みというのは、一朝一夕で書き換えられるものではありません。ですが、マインドフルネスでは凝り固まった思考を気づきの力を鍛えることで、ほぐしていくことが出来ます。

気づきの力は「それでよかったんだ、そもそも豊かさはあったんだ」などの自己受容をもたらします。さらに、気づくという体験は脳の神経細胞を活性化させ現実に対する見方、捉え方を一気に変えることが出来ます。このように心のブロックが外れた状態でのイメージングならば思い通りのものを引き寄せることが出来るでしょう。

2017年6月25日日曜日

マインドフルネス瞑想やってもストレスが消えない方に知ってほしいこと「本当の変化は気づきにくい」


マインドフルネス瞑想を行っても実感できない、瞑想中は安心や静寂を感じても、日常生活に戻ると、イライラやストレスを感じてしまって本当に効き目があるのか疑問に感じている方もおられるかと思います。確かにマインドフルネス自体で雑念を浮かばないようにすることは出来ませんし、ストレスそのものをなくすことも出来ません。「じゃあ意味ないじゃないか」と思われるかもしれませんが、そもそも日常生活で雑念やストレスをなくすことが目的ではなく、自分の中の捉え方を変えるということが本来の目的です。


捉え方を変えることが大切

ストレス低減と聞くとどうしてもなくすことが出来ると思ってしまい、実践するうえで、やっぱりイライラしたり、嫌な思いをすると結局効き目がないと感じるかもしれません。ですが、マインドフルネス瞑想ではイライラした時、「イライラを感じているなぁ」と気づきます。そのうえで「そもそもこのイライラの原因はなんだろう」「あの人の嫌な態度はほかに理由があったのでは」など、イライラという感情に自分を同調させず、客観的に観察し、捉え方、視点を変えることでストレス耐性を強化させていくことが大切です。


マイナス面ばかりを見ている

マインドフルネス瞑想を続けても意味がないと感じている方はきっとマイナス面にばかり目が向いているのではないでしょうか。「瞑想をやっても雑念は消えないし、相変わらず嫌なことを言われたら、イライラが消えない」さらには、もっと続けなければ効果がないなど、「瞑想=つらいトレーニング」という結びつけが起こっているかもしれません。やはり効果が目に見えないことや効き目があるのかがよくわからないことが原因だと思われます。


少しでも良くなっていることは必ずある

無理なく続けるコツとして、プラス面を見つけることがおススメです。「イライラすることは相変わらずあるが、気づいたら手放すことが出来ていた」「効き目がないと思いながらもなぜか毎日瞑想を続けている」「仕事はたまってやる気は起こらないけど手は動かしている」など気づいたら少し改善されていることがあるのではないでしょうか、または「最近表情が明るくなったね」「何かいいことでもあった」と言われることが増えたなんてこともあるのではないでしょうか。


本当の変化は目に見えない

プラス面は探さなければ見つけにくいものです。本当の変化というものはいつも気づきにくく1日では起きないものです。ですが、変化は確実に起きています。変化を確実に実感するために、もう一つおススメなのは、ちょっとしたいい出来事、気づきをノートにとってみるということです。ノートに書き、目で視覚化することで、良い変化が確実に自分に起きていると潜在意識に刻み込むことで、日常での好転はますます加速していきます。


まぁいいかと感じたらマインドフルネスの効果あり

効き目がないからインチキだと思われているのであれば、すべての原因は自分の内側ではなく外側にあるという認識が強いのだと考えられます。過去のどんな嫌なことも、失敗も、トラウマであっても、事実は変えられませんが、捉え方を変えることは出来ます。マインドフルネス瞑想を続けていくことで、「まぁいいか、なんとかなる」「イライラしてるけどそんなこともあるか」と楽観的に捉えることが出来ていれば十分に効果は表れていますよ。

2017年6月24日土曜日

スキンケア+マインドフルネスで心とお肌も喜ぶ


肌に気を使っている女性にとって、ストレスは大敵です。毎日の洗顔、スキンケアは欠かさず入念にされていることかと思います。そこで、汚れと一緒にストレスも低減できるマインドフルネスを取り入れた洗顔、スキンケアがおススメです。リラックス効果や幸福感、集中力アップも出来、心と肌が喜ぶ一つ上のスキンケアタイムを手に入れてみませんか。


マインドフルネスは心のエクササイズ

マインドフルネスとは、今この瞬間に意識を向け、ストレス低減や集中力アップなどに効果のある、心を鍛える瞑想法です。瞑想と聞くと難しそうと思う方もおられるかもしれませんが、日常生活の中でも気軽にできる心のエクササイズですので心配いりません。やり方を知ると、何だそんなことでいいのかと思うくらい拍子抜けするでしょう。

私たちは日常生活の中で、ほとんどの時間、意識が過去と未来にある状態です。失敗したことや、先輩や上司に怒られた経験、不安に思っていることや、心配事など、今起こっていないことにネガティブな思考を巡らせています。これらの悩みがストレスの主な原因になっています。

今この瞬間に意識を向けることで、悩みのほとんどは今起こっていることではないと気づくことでストレスは低減されていきます。また、意識を一つに集中させることで、余計な雑念は取り払われ、心が穏やかな状態になっていきます。穏やかな状態はリラックスや幸福感を生み、自己受容を高めることへつながります。



いつもの洗顔、スキンケアタイムに瞑想を取り入れる方法

1・マインドフルネスではまず呼吸が基本です。腹式呼吸で、ゆっくり大きく鼻から吸って鼻から吐きましょう。自分の呼吸に意識を向けていきます。

2・呼吸が整ったら、化粧水を手の上に広げ、とろみや温度、手に触れている感触に意識を向けます。

3・化粧水を顔全体に移していきます。手のひらで優しく円を描くように塗っていきます。このとき、手で触れた肌の柔らかさ、温度、化粧水が肌に浸透していく感触に意識を向けましょう。



雑念が湧いても良い悪いをジャッジしない

ほとんど毎日行っているスキンケア、そのままだと思いますが、きっと違っているのは一つ一つの動作や、触れている肌の感触を意識し、大事に感じるということです。動作や感触に意識を向けるということは、まさに今起こっている出来事に集中しているということです。一つ大切なポイントは雑念や別の思考が湧いてきても、考えてはいけないと否定したりしないことです。雑念が湧いても、「雑念が湧いているんだなぁ」とただ思考を観察すようにします。その後また、動作に意識を戻していきます。


まとめ

ストレスを過度に感じたり、溜め込むことは肌にも悪影響です。脳がストレスを過度に感じるとストレスホルモンの分泌により、肌荒れやニキビ、炎症という形で現れます。マインドフルネスを毎日行うことで、ストレスに耐えうる脳の構造が作られます。マインドフルネス+スキンケア習慣で心もお肌もきれいに保ちましょう。

2017年6月23日金曜日

イメージングで引き寄せ なぜ欲しいものをノートに書くと願いが叶うのか


現実での体験と想像を脳は区別しません。お金がないという状況は、お金がないという不安や不満の感情が、お金がない状況を生んでいる結果です。ですが、そういった状況でもイメージングによってお金がある、お金の心配はないと脳がリアルに疑似体験し、わくわくした気分や安心感を強く感じることが出来れば、現実でも同じようにお金に恵まれる状況を引き寄せることが出来ます。どうにかしなければと、もがき苦しむより、イメージの力を鍛えることは大いに役に立ちます。

イメージも筋トレと同じ

イメージングも筋トレと同じく毎日の繰り返しによって鍛えていく必要があります。
例えば、ボディビルダーや筋肉を鍛えることが趣味という人には運動音痴が多いというのはわりと知られていることです。筋肉をどれだけ鍛えてもスポーツなどに使った経験がなく、筋肉の動かした方をしっかりイメージできていないことが原因だと言われます。ですからもし彼らが、イメージの力を鍛えれば、どんなスポーツにおいてもすごいパフォーマンスを発揮できる可能性は秘めているということになります。

イメージングって意外とできない 

イメージするくらい簡単じゃないのと思う方もおられるかもしれませんが、目をつむってまだ、手に入っていないものを想像してみてください。理想の部屋での生活、欲しいと思っている新車でドライブ、理想の人と楽しいデートなどなど、願望はたくさんあるでしょうが、リアルに今起こっているようにイメージできるでしょうか。強くイメージしても、どこかでそんなことはあり得ない、ちょっとばかばかしいかもなどの思考が湧いているのではないでしょうか。一言で強くイメージすると言っても実は簡単にできるものではありません。


イメージは潜在意識に刻み込む

イメージングには言葉や映像で潜在意識に刷り込むことが効果的です。よく言われているように、欲しいもの、叶えたいことをリストにし、目に見えるところに貼るというのがおススメです。より効果的なのは画像や映像で見るということで、視覚情報を潜在意識に刷り込むほうがより強く刻まれていきます。また、朝起きた時と寝る前に特にイメージングをおこなうとより効果的です。意識がはっきりしないこういった時間は、余計な思考が湧きにくく、より鮮明に純粋に潜在意識に刷り込んでいくことが出来ます。


感情をリアルに体験する

イメージするには欲しいものについて具体的に考えるようにしましょう。なぜそれが欲しいのか、手に入ったらどんな気分になるのか、どういった経緯でそれを手にするのかなど、欲しいものが手に入ったときのシナリオをつくりましょう。さらに「手に入ったらいいなぁ」ではなく「手に入っている」と言い聞かせましょう。いいなぁという言葉は手に入っていない現状をより鮮明にする言葉です。ですから手に入っていると断言し、いい気分、わくわくしている気分で過ごすことがもっとも効果的です。


ばかばかしくてもやり続ければ結果は出る

願望を紙に書いたり、欲しいものの映像や画像を見たりといった方法に疑問を持っていた方も、イメージの力の重要性が分かっていただければ、これらの方法がいかに大切か、納得いただけたのではないでしょうか。はじめは、何となくでも構いませんし、ちょっと胡散臭いという思いがあっても問題ありません。ですが、実際にやるかやらないかでは後々、大きく結果が変わっていくことは確実です。ばかばかしくてもまずはやってみることをおススメします。


2017年6月22日木曜日

引き寄せの法則でイメージングが最も大切な理由、脳は想像と現実を区別しない、


願望実現、目標達成にはイメージの力が欠かせません。そのため、成功哲学に関する本には必ず、イメージングの方法が書かれています。「実現リストを作る、欲しいものの画像や写真を見る、叶ったかのようにイメージする」など方法は様々ですが、なぜこういったやり方が効果的なのか、意図を理解しなければ、ただ闇雲にやったところでうまくいきません。むしろやっていて恥ずかしくなってくるだけかもしれません。

イメージングの根本は、心の中で願望や目標、欲しいものが手に入っているように想像し、わくわくした気分や嬉しい感情を目いっぱい味わうことで、その感情を伴った思考が現実になるというものです。結局のところやり方自体は自分に合ったもの、やりやすいものなら何でもよく、大切なのはいい気分や嬉しい気持ち、楽しい感情でイメージできるかということです。

何となくやっても、現実に対してのマイナスな感情のほうが強ければ、欲しいものを手にしているイメージより、どうせ手に入るはずがないというイメージのほうが強くなって、手に入っていない現実ばかりを引き寄せてしまいます。ここで理解すべき重要なことは、脳は現実の体験とイメージによる疑似体験を区別しないということです。

現実は、目で見て、耳で聴き、手で触り、肌に触れ五感すべてで感じ体験しています。私たちの意識は五感で感じた反応によって湧いてきた思考や感情で、現実を現実と認識しています。実はこの、意識が現実であると認識するということは、実際に目で見たもの、手で触れたものである必要はありません。

イメージの力が強くなると、実際には体験していなくても、実際に体験したと脳は認識するようになります。ですからイメージングでは、画像や映像を見つめたり、願望をリストにして潜在意識に刻んだり、欲しいものを出来るだけ、なぜほしいのか、どんな気分なのかなど具体的に書くこと、思い浮かべることが効果的になるわけです。

また、メンタルブロックを外したり、思い込みを手放すということが重要になってきます。「どうせ叶わない、今までもそうだったのだからこれからもそうだろ」こういった思いがあるなら、これも過去のパターンからイメージし続けている未来で、どうせ叶わない現実を作っているのだと理解しなければなりません。

想像することと現実に体験することが、脳にとっては区別がないのなら、起こってほしくない、心配事や不安を強く抱いて、その通りになってしまう現実を引き寄せるということが、いかに無駄かがお分かりいただけるかと思います。

思い悩んだら、マイナス思考を巡らせる前に、ノートに願望リストを書いたり、瞑想でこうなりたいとイメージングに時間を使いましょう。そもそも現実とはイメージによって作られています。どんな願望でも恥ずかしがるのは無意味です。誰も見てないし聞いてないのですから、上限無くなんでも引き寄せましょう。