成功は自分の中にある

~成功は自分の中にある~
マインドフルネスは今この瞬間を生きるという私たちにとって最も理想的な生き方そのものです。瞑想や引き寄せ、成功哲学を科学的根拠と共に解説することで、スピリチュアル的なことは苦手という方も実践しやすくなっています。また、心身はつながっているという考えのもとに、食事、睡眠、運動、呼吸についても様々な健康法を紹介したいと思います。人生を好転させるカギは「外側から内側へ」という気づきの視点です。

2017年8月10日木曜日

マインドフルネスはシンプルで最強|瞑想が身体にもたらす驚きの6つの効果



身体と心は相互的に作用しています。マインドフルネス瞑想、ストレス低減法と聞くと、メンタル強化というイメージから、精神面に効果を及ぼすと捉える方もおられるかもしれません。

ですが、メンタルを強化することは、身体にもさまざまな効果をもたらします。
相互的に作用するということは体の不調は精神に不調をきたし、体の不調は精神に不調をきたすということです。

マインドフルネスは健康の基本である心を鍛えることで、メンタルを強化し、その相互作用として、体の不調が改善され、心身ともに健康な状態を作ることへつながります。そこでいくつか、マインドフルネスが身体にもたらす効果をご紹介したいと思います。


肌の修復サイクルが改善され肌の質が向上する


ストレスが肌に悪影響を及ぼすのは周知ですが、ストレスそのものをなくすことは出来ません。ですが、マインドフルネス瞑想ではメンタル強化によってストレスに対しての耐性を鍛えることが出来ます。

「気づきの力」によって捉え方を変えることで、いつまでも引きずらない、抱え込まないという思考に転換でき動じない心を培うことが出来ます。

結果として、ストレスホルモンであるコルチゾールの過剰分泌を抑え、肌の修復サイクルに必要な成長ホルモンの正常な分泌をうながし、肌の質をきれいな状態に保ちます。


血流が良くなり、基礎代謝が向上する


マインドフルネス呼吸は口呼吸や意識せずに行う浅い呼吸に比べ、十分な酸素を取り込むことのできる、腹式呼吸を行います。酸素の供給は本来、心臓、脳、各臓器など重要な器官から順に運ばれます。浅い呼吸では体の末端部まで十分に酸素が行き届きません。

そのため、冷え性や肩こりなどと言った症状が出やすくなります。深い呼吸を行うことで、末端部分にまで十分酸素が供給され、古くなった酸素の排出もしっかり行われ、常に新鮮な酸素を取り込むことが出来ます。その結果、血の巡りが良くなり、基礎代謝が向上されます。


腸内活動が活発になりデトックス効果が高まる


腹式呼吸は十分な酸素の供給と腹部への適度な加圧を行うことが出来ます。また、ゆっくりとしたリズミカルな呼吸は自律神経を整えることにもつながります。腹部への加圧は内臓を効果的に鍛えることが出来、自律神経のバランスは正常な腸内活動には不可欠です。

活発な腸内活動は基礎体温を上げ、代謝量を上げることへつながります。マインドフルネス呼吸は腸内活動には欠かせない、自律神経のバランス、活動に必要な十分な酸素、活発に動くための加圧を一度に効果的に働きかけることが出来、便通の改善などデトックス効果も期待できます。


ぐっすり眠れる快眠のサイクルを作ることが出来る


睡眠は人生の3分の1もの時間を費やし、眠りは健康な人生を送るうえで最も重要と言っても過言ではありません。体と心の不調は不眠の原因になり、不眠が心身ともに悪影響になるという負のスパイラルを生みます。そんな悪循環から抜け出すために、マインドフルネス瞑想は絶大な効果をもたらします。

ストレス耐性をはじめ、リラックス効果、動じない心、衝動的欲求の抑制など様々な効果は身体的健康の改善、習慣の改善へつながり、心身の健康は快眠へつながります。さらに眠りの質が上がることで、健やかな日常を過ごすことが出来、良いスパイラルを生みます。


ダイエットややめたい習慣の改善


腹式呼吸による基礎代謝の向上やインナーマッスルの強化はもちろんですが、マインドフルネス瞑想は習慣や衝動的な欲求、思い込みなどに対しての捉え方を根底から変える効果があります。

「十二分に食べないと満腹感が得られない」「3食、食べないと健康になれない」「夜食がやめられない」などの思い込みと徹底的に向き合うことで「本当にそうなのだろうか、体に聞かず、頭で食べているのではないだろうか」という気づきを得ることで、本来必要な適切な食習慣へ改善していきます。

ダイエット以前に健康な食事に対しての考え方を見直すことが出来ます。タバコ、お酒の飲みすぎ、スマホ依存、夜更かしなどに対しても向き合うことで、衝動的で不必要な習慣を改善していくことが出来ます。


内面の強化で姿勢も表情も向上する


ストレスはなくすことは出来ませんし、理不尽な状況に直面することも避けることは出来ないでしょう。ですが、メンタルを鍛えるということは、そういった状況で対処できる力、捉え方を変えることにつながり、「動じない心」「平常心」「心の豊かさ」を育てることです。

このような内面は身体に効果的に表れ、健康的な身体は美しい姿勢、明るい表情を生みます。周囲からの見た目にも、自信があり、信頼感があり、優しい人という好印象を受けます。マインドフルネスは人の器を大きくするのです。


まとめ~マインドフルネスはシンプルで最強のツール~


内面を鍛えることは身体を鍛えることにもつながります。心と体はつながっているということです。私たちは心も体も数え切れないほどの思い込みによって制限されて生きています。

健康に不調をきたしてしまうような、あなたを縛る不必要な思い込みは、気づきによって手放し、本来の健康を取り戻してみてはいかがでしょう。思い込みという思考を変えなければ、ダイエット法も快眠法も、健康食品もサプリメントも本来の効果は得られないでしょう。

内面を変え、捉え方を変えることが出来れば、どんな方法でもあなたに絶大な効果をもたらしてくれるに違いありません。マインドフルネスは心身の健康の基礎の基礎をつくる「シンプルで最強のツール」なのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿