2017年6月1日木曜日

思考で頭がいっぱいの時は「ストップ」を唱えてリセットする


思考にラベルを張るようにしていくと雑念が徐々に消えていくようになりますが、それでも、思考があふれていっぱいになってしまうときには、「ストップ」と唱えることで、頭の中をリセットすることが出来ます。瞑想中に効果的な方法ですが、日常的にも使えるので、あたまの整理におすすめの方法です。

あたまの中が思考でいっぱいになっていることに気づき、止めようとしてもあふれてくると感じたら、心の中で「ストップ」ハッキリ唱えるようにします。川の流れの源流にふたをするようにイメージしたり、蛇口を閉めるようにイメージすると効果的です。または、首から上が無くなって考える頭そのものがなくなるようにイメージするのも効果的です。

「ストップ」と唱えた直後に思考が途切れたことと、静寂を感じるようにしましょう。しばらくすると、また思考が流れ出すようになると思いますが、その流れ出した思考が雑念で、あふれるようなものなら繰り返し「ストップ」と唱えるようにします。意図的に無思考状態をつくり、静寂や間を感じることが出来るようになれば、瞑想をさらに深めることが出来ます。また集中力の向上、頭のリセットにも有効的です。

0 件のコメント:

コメントを投稿